©Felix Hoya

ウクライナ危機:人道危機の最中にも医療を ーご支援ください

関連記事を読む


「ウクライナの一部地域は、2014年の武力紛争ですでに大きなダメージを受けていました。そこから地域医療を立て直そうと、私たち世界の医療団は2015年から地域の組織やスタッフ、住民の皆さんとともに働いてきました。しかし、そのように築いてきた関係や医療の仕組みを、今回の武力紛争が再び壊しました。このような行為を決して許すことはできません。今、私たち世界の医療団は一丸となって事業の組みなおしをはじめています。止むことのない攻撃、厳しい寒さの中でウクライナ国内に残っている人々、そして周辺国へ逃れた人々に必要な医療を提供するため、皆さまからのご支援をお願いします。
そして最後に、毎日のように伝えられているこの事態に、こころを痛めている全ての方へ。こころの助けになる考え方を公開しています。気持ちが苦しくなったときに手にとってみてください*」

世界の医療団 日本事務局長 米良彰子

*記事はこちらから
ご支援はこちらから

*世界の医療団へのご寄付では、所得控除または税額控除の寄付金控除が受けられます。
*世界の医療団は、受け取った寄附金を特定の支援プロジェクトのみに充てることなく、
頂戴した寄附の総額を支援活動全体に分配することを原則としています。



2022年2月、ウクライナにおける武力紛争が始まったことにより、ウクライナ国内の状況は一変しました。慣れ親しんだ住まいや憩いの場は破壊され、人々は国外への避難を余儀なくされました。UNHCRの発表によれば、この紛争開始からわずか7日のうちに100万人を超える人々が避難民となっており、紛争状態がこのまま続けばさらに避難民は増え、ヨーロッパにおける今世紀最大の難民危機となることが危惧されています。避難している人々の多くは女性や子ども、そして高齢者など最も脆弱な人々です。彼らの置かれている環境や医療へのアクセスが急激に悪化していることは明らかであり、適切なケアが必要です。
世界の医療団は、2015年からウクライナ国内において約100名の専門スタッフからなるチームで人道医療支援活動を続けてきました。現在はチームの移動・安全確保をしつつ、現地のニーズ調査とこれにもとづく支援人材・物資の調達などの準備を早急にすすめています。
これまで信頼関係を築いてきた地域の住民たち、そして今回の攻撃により被災した人々など、いま医療を必要とする全ての人々の支えになることができるよう、
こちらからご支援ください




ウクライナ
ウクライナは、ロシアやポーランド、ハンガリーなどと国境を接しており、ロシアとEU諸国の境界線に位置していると言えます。人口は4,159万、国土面積は60万3700平方キロメートル*。国土は日本の約1.6倍ほどと、ヨーロッパ地域の中では比較的大きな面積を持っています。青色と黄色の国旗にあらわされる豊かな大地、芸術が育まれてきた古都・キーウを首都に持つこの国ですが、一方で、長く人道危機にさらされてきた地域でもあります。
*外務省 ウクライナ|外務省 (mofa.go.jp)


背景


背景
©Evgeniy Maloletka
ウクライナ東部のドネツクとルハンスクにおけるウクライナ政府軍と分離をとなえる親ロシア派武装勢力間の武力紛争は、2014年2月以来、激しさを増してきました。親ロシア派の分離主義者たちは、自称独立共和国であるドネツクとルハンスク両地域のウクライナからの独立を求めています。
この政治的・軍事的危機が始まって以来、ドネツクとルハンスク両地域の人道状況は憂慮すべきものでした。住民の多くは高齢者であったり、基礎疾患を抱えていたりしており、急激に悪化する生活環境に苦しみ不安を感じています。



世界の医療団の活動


世界の医療団の活動
©Evgeniy Maloletka
2015年6月より、世界の医療団はウクライナ東部のドネツクとルハンスク両地域に住む人々に医療サービスを提供することに注力してきました。これらはウクライナ政府が管理する地域(GCA)と、非政府が管理する地域(NGCA)の両方で活動していました。
政府が管理する地域では、最も脆弱な立場の人々に一般的な医療、メンタルヘルスと心理社会的サポート、性と生殖に関する健康相談を提供するなど、地域の医療制度強化を図っています。
非政府が管理する地域でも、もっとも医療に手が届きにくい人々を支援するために、必須医薬品の提供や医療施設のサポートなどを行ってきました。
また、ここ2年間は新型コロナウイルス感染症の流行も、人々に大きな影響を与えていました。高齢者や基礎疾患等を持った住民が多いにもかかわらず、専門医や医療施設は十分ではありません。医療サービスの提供や医療保健施設の整備などを通じ、感染症対策も支援してきました。


ウクライナの状況は非常に深刻で、刻一刻と変化しています。医療従事者(医師、助産師、心理士、看護師)だけでなく、コーディネーター、ロジスティクス、通訳、運転手などを含む、約80人の世界の医療団スタッフがウクライナ国内にとどまり、活動を続けています。
ケガの治療に使う医療資材を病院に提供したり、産科医や心理士はオンラインで相談を受け付けています。そして、近隣諸国で避難している人々への支援など、さらなる活動を準備しています。




< ご支援はこちらから >

世界の医療団(Médecins du Monde : MdM)は、世界74ヶ国で330の活動と17のネットワークを持つ国際NGOです。
これまでも自然災害や紛争地域において、人道危機発生時の緊急支援から、その後の長期的な復興支援まで、現地のニーズに即した活動を続けてきました。

現在、全ネットワークで連携し、この人道危機に対応しています。
ご支援くださる皆さまとともに、ウクライナの人々の心身をケアし、支えます。


*世界の医療団へのご寄付では、所得控除または税額控除の寄付金控除が受けられます。
*世界の医療団は、受け取った寄附金を特定の支援プロジェクトのみに充てることなく、
頂戴した寄附の総額を支援活動全体に分配することを原則としています。


ウクライナの人々
©Felix Hoya


関連記事一覧


2022年09月29日:
ウクライナでの支援活動アップデート ー2022年9月


2022年07月26日:
ウクライナでの支援活動アップデート ー2022年7月


2022年06月27日:
ウクライナでの支援活動アップデート ー2022年6月


2022年05月12日:
ウクライナ ー世界の医療団が実施するさまざまな支援


2022年05月10日:
ウクライナでの支援活動


2022年05月02日:
ウクライナにおける紛争の影響を受けた女性や少女、社会から疎外された人々の性と生殖に関する健康と権利について


2022年04月15日:
ウクライナにおける民間人および民間インフラが標的とされていることに関する国際NGO共同声明


2022年03月23日:
ウクライナでの紛争に対する世界の医療団の声明
Médecins du Monde Statement on the war in Ukraine


2022年03月18日:
ウクライナ- 人々の生命と健康が脅かされている


2022年03月02日:
ウクライナの皆様 日本にいる皆様 そして戦争を起こしたくなかったロシアの皆様
Ukrainians All the people of Japan As well as the Russians who did not want war


2022年02月25日:
世界の医療団 ウクライナの民間人保護に懸念
Médecins du Monde concerned about protection of civilians in Ukraine


2022年02月23日:
ウクライナ東部における最近の情勢に関する国際NGO共同声明
JOINT I/NGO STATEMENT ON RECENT EVENTS IN UKRAINE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の活動