©Guillaume Pinon

法人・企業で応援する

法人・企業としての支援方法

法人や企業としてご支援いただく様々な方法をご紹介します。

世界の医療団は、様々なパートナーと連携し世界各地での医療支援活動に取り組んでいます。法人・企業の皆さまからのご支援は、世界各地で医療を待つ人々へ支援を届ける大きな力になります。金銭面でのご支援だけにとどまらず、それぞれの専門分野でのご協力など、様々な協働の方法があります。


資金面での支援(寄付、助成金)


世界の医療団のプロジェクトや活動を金銭的にご支援いただく方法です。
国内外プロジェクトを指定してのご支援
活動地域を指定してのご支援
活動全般(プロジェクトを特定しない)へのご支援
毎月一定額を寄付する「法人スマイルクラブ」 など


支援の事例


いちよし証券

いちよし証券株式会社
ラオス小児医療プロジェクトなどの海外長期支援ミッションへ継続的なご寄付をいただいています。


フェリシモ基金

株式会社フェリシモ
フェリシモ基金を通じて、様々な海外プロジェクトに対しご寄付をいただいています。


従業員の皆様と共に支援する


従業員の皆様がご寄付、またはボランティアとして参加していただく支援の方法です。
・従業員の皆様に、世界の医療団の活動にボランティアとして参加していただき、活動への理解を深めていただいた上で寄付をする
→ マッチングギフト(従業員の皆様のご寄付に対し、企業が寄付を上乗せして募金する)
→ 従業員の皆様がボランティア活動に参加するのに加え、企業が金銭的な支援をする
→ 古本を集めたり、社内でチャリティイベントを実施し募金活動を行う


支援の例


エドワーズライフサイエンス株式会社

エドワーズライフサイエンス株式会社
ハウジングファースト東京プロジェクトに対し、従業員の皆様によるボランティア活動参加や衣料のご提供、助成金(エドワーズライフサイエンス基金より)などの形で支えていただいています。


BNPパリバ証券株式会社

BNPパリバ証券株式会社
ハウジングファースト東京プロジェクトに対し、イベント等への従業員ボランティア、寄付金などのご支援をいただいています。


日本CA株式会社

日本CA株式会社
福島そうそうプロジェクトに対し、従業員の皆様からの募金に加え、それに見合う金額を企業側が上乗せしてご寄付いただいています。


タイアップ(事業協働)で支援する


自社の商品やサービスの売り上げの一部を世界の医療団へ寄付していただくことで、自社だけでなくお客様等も巻き込んだ社会貢献活動ができます。
 商品やサービスの売上の一部を寄付
 自社ポイントプログラムの交換アイテムに組み入れて寄付


支援の事例


エーツーケア株式会社

エーツーケア株式会社
商品に世界の医療団のロゴを掲載し、売上の一部をご寄付いただいています。


グリーティングライフ株式会社

グリーティングライフ株式会社
クリスマスカードに世界の医療団のロゴを掲載し、売上の一部をご寄付いただいています


アメリカン・エキスプレス・インターナショナル Inc.

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル Inc.
カード会員様向けポイント交換プログラム「メンバーシップ・リワード」のチャリティプログラムに世界の医療団への寄付を交換ギフトとして掲載し、カード会員様からのご寄付を募っていただいています。


リンベル株式会社

リンベル株式会社
カタログギフトに、世界の医療団への寄付をチャリティ商品として掲載、お客様からのご寄付を募っていただいています。


アサヒプリテック株式会社

アサヒプリテック株式会社
「貴金属回収プログラム」を通じて、歯科医院様からの世界の医療団へのご寄付を募っていただいています。


商品やサービスの提供で支援


世界の医療団の活動に使う機材や物品の提供を通じてご支援いただく方法です。


プジョー・シトロエン・ジャポン

プジョー・シトロエン・ジャポン
東日本大震災被災地支援活動をはじめとする国内プロジェクトへの車両のご寄贈及び一部のメンテナンス費用分をご負担していただいています。


農心ジャパン

農心ジャパン
ハウジングファースト東京プロジェクトにおいて、ホームレス状態の人々に配布する食料(カップ麺・インスタント麺など)を定期的にご提供いただいています。


エクスコムグローバル

エクスコムグローバル
海外プロジェクトでの渡航の際を中心に、WiFi機器のレンタルサービスを無償でご提供いただいています。  


人材(プロボノ)の提供での支援


世界の医療団の活動に対し、専門的な知識や技術の提供を通じてご支援いただく方法です。


デロイト トーマツ コンサルティング

デロイト トーマツ コンサルティング
世界の医療団の抱える課題に対し、コンサルティングを無償でご提供いただいています。




ホワイト&ケース外国法事務弁護士事務所
世界の医療団の活動等に関する法的アドバイスを無償でいただいています。




*世界の医療団は、東京都が認める「認定NPO法人」です。これにより、皆様からのご寄付は、税制上の優遇措置を受けることができます。
詳しくは「寄附金控除について」をご覧ください。

*ご寄付に際し、よくお寄せいただく質問とその回答をご紹介しています。
詳しくは「ご寄付に関するご質問」をご覧ください。

*世界の医療団との協働をご検討いただける場合、またはご質問等ございましたら、企業パートナー担当までご連絡ください。
メールでのお問い合わせ: corporate@mdm.or.jp

  • メールでの
    お問い合わせ
  • お電話でのお問合せ
    03-3585-6436
    受付時間 10:00~17:00(平日のみ)
    • このエントリーをはてなブックマークに追加