REFUGEE CRISIS
 

平成28年熊本地震 医療支援活動

世界の医療団
05.02
シリア:世界の医療団、暴力激化を非難

シリア:世界の医療団、暴力激化を非難

アレッポ近郊での激しい空爆より、先週だけでも50人以上の民間の人々が犠牲になりました。世界の医療団と支援パートナーが活動するヘルスセンター・アル・マルヤもその標的となりました。病院は完全に破壊され、被害状況はまだ確認できていません。 

続きを読む
04.28
世界の医療団、熊本地震被災地にて医療支援活動を開始 <br>‐子どもと家族のためのこころのケア活動を実施‐

世界の医療団、熊本地震被災地にて医療支援活動を開始
‐子どもと家族のためのこころのケア活動を実施‐

4月14日から熊本県を中心に相次いでいる地震を受け、世界の医療団は 4月19日より被災地で医療支援に関する調査ミッションを実施しました。その結果、メンタルヘルス対策の支援ニーズが確認された熊本県阿蘇郡の西原村、南阿蘇村において、4月28日より医療支援活動を開始いたします。

続きを読む
04.25
ネパール:大地震から1年、遠い復興への道

ネパール:大地震から1年、遠い復興への道

ネパールを襲った大地震から1年、現地では未だ国の再建へ向けた復興への取り組みが進んでいません。困難が続く中、世界の医療団は最も被害が大きかったシンドパルチョーク郡にて、継続して支援を行うほかその活動を更に強化しています。

続きを読む
04.22
「共同生活をする時のこころがすこし楽になるコツ」「眠りのコツ」作成しました

「共同生活をする時のこころがすこし楽になるコツ」「眠りのコツ」作成しました

避難所での暮らしが長期化するなか、被災された方々の身体的、精神的な疲労は大変なものです。 また避難所ではなくとも車中で過ごされている方、ご自宅に帰られた方、そうでない方、また避難されてはいないけれど 不安な日々を過ごされている方、皆さまのストレスをほんの少しでも軽減することが何かできないか?と考え、精神科医の監修のもと「共同生活をする時のこころがすこし楽になるコツ」「眠りのコツ」を作成しました。

続きを読む
04.22
チャリティー歌舞伎観劇会へのお誘い

チャリティー歌舞伎観劇会へのお誘い

良質な芝居を通じ社会貢献することを理念に活動をされている劇団前進座により、5月に「劇団前進座チャリティー観劇会」が開催される運びとなりました。前進座の創立85周年を記念し、社会貢献の輪を広げる一環として実施されるもので、公演チケットの売上の一部がNGO・NPO団体に寄付されます。世界の医療団は、この観劇会の支援先団体に選定されましたので、ご案内いたします。この機会にぜひ春の観劇をご堪能いただければと思います。

続きを読む
04.21
熊本県・大分県にお住まいのご支援者さまへ<br>毎月のご寄付停止措置のお知らせ

熊本県・大分県にお住まいのご支援者さまへ
毎月のご寄付停止措置のお知らせ

2016年4月14日以降に発生した熊本地震に際し、被災された皆さまにスタッフ一同心よりお見舞いを申し上げます。
皆さまのご無事と、そして一日も早い復興をお祈りしております。
世界の医療団では、この度の甚大な被害状況を受け、毎月のご寄付プログラムである「スマイルクラブ」 (クレジットカード決済または口座引き落とし)を、当該地域の皆様について一時停止することにいたしました。

続きを読む
04.20
熊本地震:被災地で調査ミッションを開始

熊本地震:被災地で調査ミッションを開始

世界の医療団の調査チームは19日より被害が大きかった益城町、西原村などで調査ミッションを開始、被害状況の確認、医療支援のニーズ調査を行っています。

続きを読む
04.17
世界の医療団、<br>熊本地震被災地に調査チームを派遣

世界の医療団、
熊本地震被災地に調査チームを派遣

4月14日(木)、16日(土)に発生した地震により現在も予断を許さない状況が続く熊本地震の被災地に、世界の医療団は医師を含む調査チームを派遣します。現地では、被災状況および医療支援に関する調査を実施します。支援に関する詳細については、追ってお知らせ申し上げます。

Doctors of the World Japan decided to dispatch the team including medical doctors for preliminary investigation to the affected area by a severe earthquake occurred on April 14, 16 in Kumamoto, southern Japan.

続きを読む
04.15
世界の医療団の国際ネットワーク、<br> 難民受け入れ危機に関する共同声明を発表

世界の医療団の国際ネットワーク、
難民受け入れ危機に関する共同声明を発表

世界の医療団ネットワークから8カ国の代表がギリシャ・テッサロニキに集結し、国境の閉鎖以降、難民・移民の移動が足止めされ一層の深刻さをます人道危機に対して、世界の医療団ギリシャと強く連帯を図っていくことを改めて表明しました。

続きを読む
04.14
ラオスプロジェクト・インターン募集

ラオスプロジェクト・インターン募集

世界の医療団 日本では、ラオスプロジェクトの業務補佐を行う若手インターンを募集いたします。
これから、国際協力分野で活躍したい若手人材を求めています。世界の医療団は国内・海外で多くの保健・医療支援を行っておりますが、今回はラオスにおける小児医療プロジェクトに関わる業務を経験することで、保健医療分野における国際開発協力のノウハウを積んでいただけると思います。意欲ある方の応募をお待ちいたします。

続きを読む