©MdM Japan

イモトのWiFi × ラオス小児医療強化プロジェクト モニタリングミッション

2018年12月15日から26日まで、世界の医療団は、ラオス国フアパン県にて実施する5歳未満の乳幼児死亡率削減を目的とした「小児医療強化プロジェクト」のモニタリングミッションを行いました。

©MdM Japan
イモトのWiFi

フアパン県はラオス国内で最も貧困率が高い地域に属し、小児医療に関するインフラや、病院施設職員等の医療知識や技術に、依然として課題が多い状態です。

今回のミッションでは、年間事業の終了を前に、現地担当者と予算管理についての振り返りを行うとともに、医療施設を訪問し、これまで世界の医療団が実施した研修の成果と課題に関する聞き取り調査を行いました。さらに郡保健局で行われている小児医療研修を見学し、次年度の課題と計画についてプロジェクト内で共有することができました。

フアパン県のような遠隔地でのミッションには、安定したインターネット環境が不可欠であり、“イモトのWiFi”は今回のミッション実施にあたり、大変欠かすことのできないご支援となりました。
今後もエクスコムグローバル社様“イモトのWiFi”を通じて、世界の医療団は世界の様々な場所で証言活動を行い、現地での状況を伝え続けていきます。

©MdM Japan


企業・法人の方へ:企業だからこそできるご支援があります。
事業をいかしたご支援のご提案は、企業パートナー担当(corporate@mdm.or.jp)までお気軽にお問い合わせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

参加する

世界の医療団は皆様からの寄付・
ボランティアに支えられています。