©MdM Japan

2018年1月23日(火)2017年度活動報告会開催のお知らせ

世界の医療団1年間の活動をお伝えする活動報告会を開催します。
報告会では、医療ボランティアやプロジェクトコーディネーターが、2017年の活動を振り返り活動報告をするとともに感じたこと、現地の今後などについて、お話しいたします。
活動の現場からの声をお届けします。ぜひご参加ください。

皆さまのご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。



詳細


日時: 2018年1月23日(火)18時30分~20時30分(18時15分開場)
場所: BNPパリバ証券株式会社 セミナーホール   
    東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー42F(17Fにて受付ください。)
    地図はこちら

*世界の医療団の活動をご支援いただいているBNPパリバ証券株式会社様のご厚意により、本年度も会場をご提供いただけることになりました。



内容


◆ 2017年活動実施状況についてのご報告
 -ロヒンギャ緊急医療支援
 -福島そうそうプロジェクト
 -スマイル作戦
 -ハウジングファースト東京プロジェクト
 -ラオス小児医療強化プロジェクト
 (順不同)

◆ 質疑応答




スピーカー紹介


石原 恵 看護師 ロヒンギャ緊急医療支援
石原 恵 看護師

手術室での勤務経験を生かし、看護師として2007年より18回にわたってカンボジア、ミャンマー、マダガスカルなどのスマイル作戦に参加。
出産後も熊本地震被災地でのニココロ熊本プロジェクトなど継続的に医療支援活動に取り組む。




落合 庸子 看護師 福島そうそうプロジェクト
-地震、津波、福島第一原発事故の影響を受けた福島県沿岸部の相双地区でのこころのケア活動-
落合 庸子 看護師

「福島そうそうプロジェクト」ボランティア看護師。2014年より定期的に被災地を訪れ、こころのケア活動に取り組む。
2017年、専門看護師資格取得(福島県内有資格者14名、2017年12月現在)。





森岡 大地 医師 スマイル作戦
-形成外科手術を必要としながらも、その機会に恵まれない患者たちに手術を行うプロジェクト-
森岡 大地 医師

形成外科医。2003年よりスマイル作戦に参加し、カンボジアやバングラデシュ、ミャンマーなどの国々で執刀。
これまで携わったミッションは22回にのぼり、手術と平行し、現地人材育成に貢献する。


西岡 誠 医師 ハウジングファースト東京プロジェクト
-ホームレス状態の人々の精神と生活向上プロジェクト-
西岡 誠 医師

1970年、愛媛県松山市生まれ。内科医。ゆうりんクリニック院長。和歌山の病院勤務ののち路上生活者支援活動に携わる。2013年よりハウジングファースト東京プロジェクト世界の医療団ボランティア医師として、東京・池袋の路上生活者支援活動に参画。2016年4月、ゆうりんクリニックを開院、院長として、主にホームレス状態から脱した方の診療にあたる。愛読書は論語。


高木 加代子 ラオス小児医療強化プロジェクト
世界の医療団日本 プロジェクトオフィサー 高木 加代子

大学卒業後、国際協力分野での経験を積み、NGOスタッフとして約4年半ケニアに駐在、農村部での開発事業のコーディネーターとして勤務。青年海外協力隊員と大学院を経たのち、開発コンサルタントとして約4年間ケニアとエチオピアにおけるJICA事業に従事。現在は、ラオス小児医療強化プロジェクトの本部事業担当及び経理担当として勤務。


※スピーカーは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。


お申し込み


活動報告会への参加を希望される方は、こちらよりご登録ください。
*定員に達し次第、締め切らせていただきます。


お問い合わせ先


世界の医療団
特定非営利活動法人 メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(認定NPO法人)
TEL: 03-3585-6436
Email: communications@mdm.or.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

参加する

世界の医療団は皆様からの寄付・
ボランティアに支えられています。