©Cheryl Nemazie

遺贈寄付について考える1週間 -遺贈ウィーク2021のご案内-

9月13日が何の日か、ご存じですか?
正解は、「International Legacy Giving Day:国際遺贈寄付の日」です。「遺贈寄付」についての理解を深め、そして準備をすることを推奨する日として、イギリスをはじめとした海外ではじまったキャンペーンです。
人生最後の社会貢献とも言われる「遺贈寄付」ですが、一体どんなものなのでしょうか。遺贈ウィークを通して知り、考えてみませんか?

世界の医療団は、一般社団法人 レガシーギフト協会主催の「遺贈ウィーク2021」に参加しています。
遺贈に関する基礎的な知識から、様々な社会貢献活動団体によるプレゼンテーションなど、遺贈について様々な情報をこの期間にお届けいたします。今年はオンラインでの実施です。ご自宅で、ゆっくりとお聞きいただけますので、ぜひこの機会をご活用ください。



遺贈寄付についてともに考える


遺贈寄付ウィーク2021


●2021年9月11日(土)~9月17日(金)
●主催:一般社団法人全国レガシーギフト協会
●詳細は下記をご覧ください。
遺贈寄付ウィーク2021 -Legacy Giving Week-



世界の医療団 登壇予定


●9月13日(月) 15:40 Day Live(Facebookライブ、Youtube)
●9月17日(金) 10:00~12:00 特別終活オンラインセミナー(Zoom)
※事前のお申し込みが必要です。下記の外部申込サイトまたは世界の医療団(info@mdm.or.jp)までお申し込みをお願いいたします。
https://legacygivingweek2021goudouseminar.peatix.com/




私たち世界の医療団は、「誰もが治療を受けられる未来を」目指し、活動しています。
これからを生きていく世代のため、この未来を共に築いていきませんか?
ご質問、ご相談などお気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

参加する

世界の医療団は皆様からの寄付・
ボランティアに支えられています。