マリでの支援活動について

Doctors of the World in Mali

マリ北部の各地域では、戦闘と爆撃により、ここ数日で急激に状態が悪化しています。
世界の医療団は、困難な活動状況にもかかわらず、マリの人々への支援活動を継続しています。

マリでの支援活動について
国際人道支援NGOの世界の医療団は、数年前からガオ州、キダル州、モプティ州とカイ州の複数の医療施設と2つの病院で医療活動を行ってきました。活動する北部の2つの地域では、空爆が報告されていますが、世界の医療団は支援活動を続けています。

一年前に戦闘が本格化して以来、世界の医療団を始め少数の医療系支援団体しかいなくなったキダル州の状況は非常に緊迫しています。世界の医療団は、事務所、倉庫、住宅の屋根に空爆を避けるための目印を設置しました。

世界の医療団ベルギーの活動責任者オリビエ・バンデカステレーは次のように説明します。「紛争による食糧危機と医療制度の崩壊は、この地域の人々を更に窮地に追い込んでいます。紛争の激化とそれに伴う人口移動が、状況を更に悪化させているのです。最も弱い立場に追いやられた人々が逃げ出しています。戦争の負傷者を治療することに加え、医療全般、栄養失調の子どもたちのケア、妊産婦に対する産前産後のケアなどを行えるようになることは不可欠です。

こうした日々悪化していく状況に、世界の医療団では、これらの避難民たちのための医療アクセスを確保するため、モバイルチームの強化を計画しています。最近、戦闘が発生したモプティ地域でも世界の医療団が避難民や孤立した住民に医療アクセスを確保するため準備を進めています。

継続した医療を提供することは根本的なことであり、世界の医療団は、人道支援活動と医療施設が戦闘に巻き込まれないことを強く望みます。戦闘に加わる人々は、負傷者、医療施設、医療従事者を攻撃の対象にしてはなりません。

世界の医療団の活動は公平かつ独立したものです。私たちはこの地域の全ての弱い立場の人々のために活動します。マリ国において、人道支援活動組織へのアクセスが疎外されないことを強く望むのはそのためです。


Doctors of the World in Mali: while fighting intensifies, we stand alongside the people of Mali


The situation in northern Mali, as in the whole country, has deteriorated sharply in recent days, with the resumption of hostilities and bombing of several localities. The teams of Doctors of the World wish to stand alongside the people despite the more difficult working conditions.

The NGO Doctors of the World has been active for several years in the regions of Gao, Kidal, Mopti and Kayes, where it provides healthcare to the population in several health facilities and two hospitals. In the two northern regions, aerial bombardments have been reported, but our teams on the ground remain active.

In Kidal, where Doctors of the World is one of the few medical NGOs present since the beginning of the crisis a year ago, the situation is very tense. DoW has placed visibility elements on the roofs of offices, warehouses and houses to prevent possible air strikes.

Olivier Vandecasteele, Head of activities in Mali for DoW Belgium explains: “the food crisis and the collapse of the health system as a result of the conflict have been weakening the populations for a year. The intensification of the conflict and the population movements it causes are aggravating the situation. These highly vulnerable populations are fleeing. Beyond war casualties, it is imperative to be able to ensure common healthcare, care for malnourished children and support for pregnant women, from pregnancy to childbirth.”

In this changing context, Doctors of the World is planning a strengthening of mobile teams to ensure access to healthcare for these dispersed populations. In the region of Mopti, where recent fighting has occurred, DoW is preparing to ensure access to healthcare to displaced or isolated populations.

Because it is essential to ensure continuity of care for the population, we urge the parties to the conflict to respect the work of humanitarian teams and the integrity of health facilities. All actors in the conflict must limit the effects of the war on civilians, the wounded and medical facilities and personnel.

Doctors of the World reaffirms that its interventions are impartial and independent. They cater to all vulnerable populations in the region. This is why we ask that access of humanitarian stakeholders be respected throughout the country.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

参加する

世界の医療団は皆様からの寄付・
ボランティアに支えられています。