©Guillaume Pinon

イラク 廃墟の町に医療の灯を

2014年、過激派組織「イスラム国」がイラク北西部を侵攻。人々は家を捨てて逃れました。町を出る途中で何人もの子どもの遺体を見たという証言がありました。亡くなった我が子を埋葬する時間もなく、とにかく逃げるしかなかったのです。2017年には戦闘終結が宣言されましたが、徹底的に破壊された町は無残な姿に変わり果てました。

2019年6月現在、イラク国内で避難生活を送る人は約166万人、避難先から帰還した人は約426万人
(UNHCR, Iraq FACT SHEET June 2019)にのぼります。しかし、壊滅状態にまで陥った町には医療が提供できる施設も、機器も、薬も、人材もありません。



「キャンプでの生活は容易ではありませんし、私たちの未来は不確かです。でも、村に戻ることは選択肢にありません。私の持病の治療が受けられなければ、戻ることは現実的ではないのです」

(イラク北西部の村から逃れ、難民キャンプで暮らす夫婦の話)



当プロジェクトへのご寄付では、所得控除または税額控除の寄付金控除が受けられます。



砲弾から逃れる日々は終わりました。しかし…


緊急フェーズから現地医療体制の回復へ


イラク 廃墟の町に医療の灯を
©Guillaume Pinon
世界の医療団は、2017年から、モバイル(移動)クリニックによる診療だけでなく、現地保健当局との協力のもと、医療体制の回復の支援も行っています。

医療へのアクセスの確保は、紛争の影響を強く受け、健康状態が悪化している人々が再びこの地で暮らすためには欠かせない問題です。







イラク ○ドホーク州
難民キャンプ(約27,400人が居住)にある、プライマリヘルスケアセンターを支援

○ニナワ州
3か所のプライマリヘルスケアセンターを支援

○キルクーク州
モバイルクリニックの運営
プライマリヘルスケアセンターにおけるリハビリテーション、医薬品の備蓄、医療スタッフのトレーニングの強化



世界の医療団のイラクでの活動実績(2018年)


◎一般診療 97,705件 ◎セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスケア 10,682件 ◎メンタルヘルスケア 5,402件

< ご支援はこちらから >
住んでいた町だけでなく、心身をも破壊された住民たちにとって、帰還先の医療の復旧は不可欠です。
また、十分な医療環境があることは生活の安心にもつながります。どうか皆さまのご支援をお願いいたします。


※当プロジェクトへのご寄付では、所得控除または税額控除の寄付金控除が受けられます。


©Guillaume Pinon