• Yahoo!ブックマークに登録

12.22 2016

世界の医療団 海外事務所の活動紹介:イギリスのクリスマスキャンペーン

世界の医療団は、日本だけでなく世界15カ国に事務所を置いています。
本日は、その中の1つ、世界の医療団 イギリス(Doctors of the World UK)の2016年のクリスマスキャンペーンをご紹介します。

世界の医療団 イギリスがクリスマスカードに込めたメッセージとは?!

今年のクリスマスキャンペーンはクリスマスカードを使ったものですが、非常に独創的なアプローチで、イギリス国内での関心は高く、新聞などでも取り上げられ、話題を呼んでいます。
クリスマスカードのデザインは、古典的かつ代表的な聖書のワンシーンと、現代の中東の空爆や破壊された風景が重ねられています。
ロマンチックなクリスマスシーズンにもかかわらず、シリアをはじめとする中東地域は人道危機に直面しています。このことを、どうか忘れないでほしいのです。
このキャンペーンには、宗教的意味合いは一切ありません。この戦争によって何百万人もの人々が家を追われ、今まさに私たちの助けが必要であることを、インパクトの強いメッセージやビジュアルで世の中に伝えようとしています。

詳細はこちら:
世界の医療団 イギリス HP(英語のみ)

私たち世界の医療団は、これまでにシリアをはじめとする中東地域において58万人以上の人々に医療を提供しましたが、さらに多くの支援が必要とされています。
理不尽にも6回目のクリスマスを暴力と恐怖の中で迎える彼らに、どうか心を寄せてください。

シリア難民支援ご協力のお願い

世界の医療団 日本では、シリア及びシリア難民支援のための活動資金をクラウドファンディングで募っています。
チャレンジは12/28(水)23:00まで、150万円のご寄付を集めることを目標としています。
日本からも彼らに支援を届けることができるよう、どうか今ご支援ください。
<<命がけで海を渡るシリア難民400万人を医療のリレーで救いたい!>>
  • 世界の医療団 海外事務所の活動紹介:イギリスのクリスマスキャンペーン