• Yahoo!ブックマークに登録

03.01 2016

【締め切りました】あの日から5年
「忘れない」「続ける」
被災地の皆さまに今一度思いを寄せるためのチャリティイベント


主催 世界の医療団
協力 アンダーズ 東京

"Do not forget""Keep up"
Help people in Fukushima by attending a charity event
Doctors of the World organises in collaboration with Andaz Tokyo

Please kindly check English version below

※定員人数に達しましたため、お申込みを締め切らせていただきました。たくさんのお申込みをいただきまして、誠にありがとうござます。

世界の医療団は、2011年3月11日の東日本大震災発生直後から医療支援活動を開始し、現在も「忘れない」「続ける」を合言葉に、こころのケア活動を福島県で続けています。いつ帰宅できるのか、家はあるのに帰れない...。震災から5年の歳月が経過し、被災された皆さまが置かれている背景は多様化しており、よりきめ細やかな「こころの支援」が必要となっている状況です。

震災から5年を迎える2016年3月11日、世界の医療団では、アンダーズ 東京様のご協力を賜り、被災地の皆さまに今一度思いを寄せるべく、チャリティイベントを開催できる運びとなりましたので、ここに謹んでご案内を申し上げます。虎ノ門ヒルズのアンダーズ 東京51階Tokyo スタジオにて、世界で活躍されているテノール歌手のマシュ サショー氏、ピアニストの十川菜穂氏、チェリストの吉濱綾伽氏によるコンサートを開催いたします。また、コンサートの後は、「福島の今」を映像や医療ボランティアの生の声を通してお伝えするとともに、アンダーズ 東京様がご用意くださいますカクテルブッフェをお楽しみいただきます。

ご参加には、お一人10,000円もしくはそれ以上のご寄付をお願い申し上げます。頂戴いたしますご寄付は、世界の医療団の被災地での医療支援活動へ充当いたしますことを、ここにお約束を申し上げます。

3.11から5年の節目に、被災地の皆さまに今一度思いを寄せる一夜を、多くの方々とともに過ごすことができますことを心より願っております。

本イベントのご案内はこちらから

お申込み方法
●メールまたはFAXによるお申込み●
下記のお申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、メールinfo@mdm.or.jpまたはFAX03-3560-8073にてお申込みください。

お申込書【Word】
お申込書【PDF】

メール info@mdm.or.jp
F A X  03-35860-8073

●WEBからのお申込み(クレジットカード決済)●
WEBお申込みページよりお申込みください。
また、コメント欄に下記の内容をコピー&ペーストし、参加人数、ご同伴者の方 がいらっしゃる場合はお名前をご入力ください。
「3.11チャリティイベントへのお申込み」
・参加人数
・ご同伴者様お名前

お申込み締切日 2月19日(金)
お席に限りがございますので、定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

※定員人数に達しましたため、お申込みを締め切らせていただきました。たくさんのお申込みをいただきまして、誠にありがとうござます。

出演アーティストのご紹介
マシュ サショー Matthieu Sachot
(テノール)

アジアに拠点を置くフランス人テノール歌手。コンサートや各種イベントはもちろん、テレビ番組などでも幅広く活躍。著名なチェンバロ奏者アントニーニューマンや英国の指揮者アンドリューパロットの指揮の下で演奏をしている。
9年前に日本に拠点を移し、世界の医療団のフランス大使公邸やシャネルネクサスホールなどで開催されたチャリティコンサートにもアーティストとして参加。現在は香港在住。

十川 菜穂 Naho Sogawa
(ピアノ)

桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学ピアノ専攻卒業後渡仏。パリ・エコール・ノルマル音楽院を高等演奏家ディプロムを取得し修了。国立ブーローニュ音楽院伴奏科を満場一致でプルミエ・プリを取得し修了。ピカルディー・ヨーロッパ音楽コンクール第1位、イル・ド・フランス国際ピアノコンクール第2位など受賞。パリ近郊キャリエール・シュル・セーヌ市立音楽院講師を2年間務める。帰国後、演奏活動を行うと同時に現在都留文科大学専任講師、桐朋学園大学非常勤講師。
これまでにピアノを金澤希伊子、G.ムニエ、H.カルチエ=ブレッソン、T.ブロイ、室内楽をN.パタルセック、伴奏法をR.ロシェの各氏に師事。

吉濱 綾伽 Ryoka Yoshihama
(チェロ)

東京藝術大学器楽科チェロ専攻卒業。堀江泰氏、松下修也、堀了介、藤原真理、木越洋、アンナー・ビルスマの各氏に師事。卒業後、日中友好協会による音楽家訪中団に参加。北京、上海、広州でソロと室内楽のコンサートに出演し、好評を得る。1985年~90年の間、フェリス女学院大学音楽学部のチェロ科講師を勤める。イギリスでChannel-Light-VesselのメンバーとしてCDを2枚発表。ロンドンでのコンサート活動も行う。並行して、Asian Fantasy Orchestraのアジアツアーに参加。シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、インドなどでコンサート・ツアーを行い、各国の音楽家たちと交流を深める。Aska Stringsに演奏、作曲の両面で参加。セッション・ミュージシャンとしてサポートしたアーティスト多数。2003年、ジョン・海山・ネプチューン(尺八)、福原左和子(箏)、吉濱綾伽(チェロ)からなるグループで、アルバム「Prism」を発表。日本ハイドンアンサンブル主席チェロ奏者、フェリス音楽教室講師などを経て、イギリスへ留学。2006年帰国後、日本を中心に演奏、作曲活動を再開。2011年1月、東京文化会館小ホールにおいて、自作曲のピアノ・カルテットによるコンサートを開く。2012年4月9日にも、同じく東京文化会館小ホールにて、自作曲のピアノ・トリオのコンサートを開催。


Sir, Madam,

Winter greetings! I hope this letter finds you in good health.
We wish to thank you for your continual support and interest in our activities. Because of the aftermath of the nuclear accident, in Fukushima the situation is far from being resolved. No-one in the affected area knows when they will finally be able to return to their homes, though their houses are actually fine. They are feeling anxious under this stressful situation. In fact, the issues that people are facing in Fukushima are becoming more and more complicated and to accurately respond to the needs in Fukushima, especially concerning mental health care; attentive assistance is needed. We continue our activities under the slogan "Do not forget" and "Keep up".

In solidarity as a memorial event as well as to send our thoughts to the people of Tohoku who are still suffering from the consequences of the earthquake and also to raise funds exclusively for Tohoku: We decided to organise a charity concert and a buffet, we are very lucky to be able to work in collaboration with Andaz Tokyo who is graciously offering its beautiful venue in Toranomon Hills to host our charity event.

We are inviting you to a very special evening on March 11th at Tokyo Studio, 51st floor in Andaz Tokyo in Toranomon Hills. For the occasion we are happy to have with us as performers the renowned tenor vocalist Matthieu Sachot, the pianist Naho Sogawa and the cellist Ryoka Yoshihama.

The donation/participation is \10,000 (or more); all funds collected for the occasion will be used to support our activities in Tohoku. I sincerely hope that many of you will be able to attend and share a moment of solidarity with us on the memorial day of March 11th.

Please 1) fill out carefully the application form【Word】and return it to us by E-mail info@mdm.or.jp or by FAX 03-3560-8073 before February 19th, 2) payment can be made by bank transfer or credit card, donation per person is \10,000 (minimum) to be made by February 19th.

◆Doctors of the world Japan is a specified NPO. You can receive a tax deduction on this donation.

Matthieu Sachot
Tenor
Matthieu Sachot is a French tenor based in Asia, educated in Lyon, France, at the Saint John's cathedral choir, working with orchestra conductor Jean-Francois Duchamp and opera soprano Cecile De Boever. Matthieu has built an international career in Europe, the US and Asia across baroque, classical and modern music, appearing at the Lincoln Center, while cantoring at NY Saint Patrick's cathedral from 2001 to 2006, then in Tokyo at the Suntory Hall and French Embassy. He has been performing at concerts and special events in Italy, Germany, the UK, Netherland, Switzerland and Spain, and took also part in TVs shows in France and the millennium at the Vatican. Matthieu has worked under the baguette of renowned harpsichordist Anthony Newman and baroque expert Andrew Parrott.

He started his Asian journey 9 years ago in Tokyo, reviving choral music and taking the stage for charity concerts, including several events supported by the French Embassy, Chanel, and Doctors of the World. Now in between Hong Kong and Tokyo, Matthieu recently performed as soloist with the HK Philarmonic Orchestra and HK Bach Choir led by Jerome Hoberman. Upcoming 2016 concerts include baroque music in January, appearance in Tokyo in March and a recording for Q1 2016.

Naho Sogawa
Piano
After graduating from Toho College Music Department, she went to France to study at the « Ecole Normale de Musique » of Paris, where she obtained the Higher Diploma in concert performer (aka : Diplôme Supérieur de Concertiste). Later, she will also be unanimously awarded "First Prize of Musical Accompaniment" at the National Conservatory of Boulogne-Billancourt. For 2 years she is a piano teacher at the Municipal Academy of Carrières-sur-Seine in Yvelines. She also won the 1st Prize at the European Music Competition in Picardie, and 2nd Prize at the International Piano Contest of 'Ile de France. Back in Japan, she is presently a concert performer, as well as a full-time instructor of Tsuru University and an adjunct instructor of Toho College Music Department.
She learnt piano with different teachers: Mrs. K. Kanazawa, Mrs. G. Mounier, Mr. E. Indjic, Mrs. H. Cartier Bresson, M. T. Breu. She also learnt chamber music with Mrs. N. Patarcec and accompaniment with Mr. R. Rochet.

Ryoka Yoshihama
Cello
Ryoka Yoshihama is a cellist, composer and arranger and has worked with orchestras, small ensembles and as a soloist in Japan, USA, UK, France, China, Singapore, Malaysia, Indonesia, Vietnam, Philippines, India, and South Africa. She has also presented solo recitals at Ginza's Oji-Hall and Yokohama's Goethe-Za. In 2011 and 2012 she held concerts showcasing her own compositions in the renowned Tokyo Bunka-Kaikan.
Ryoka has performed on CDs for popular artists in a range of styles, on movie soundtracks, television shows and commercials. Creative highlights include being invited to the UK to join Roger Eno's Channel Light Vessel and recording two albums as a member of the group. Another is Prism, a recording made together with John "Kaizan" Neptune, which blends traditional Japanese sounds and classical music.
Ryoka graduated from the Tokyo National University of Fine Arts and Music and has held lecturing positions at both Ferris University and Kanto Gakuin University. Apart from her travels abroad she has also lived in the UK for two years.
  • 【締め切りました】あの日から5年<br>「忘れない」「続ける」<br>被災地の皆さまに今一度思いを寄せるためのチャリティイベント
  • 【締め切りました】あの日から5年<br>「忘れない」「続ける」<br>被災地の皆さまに今一度思いを寄せるためのチャリティイベント
  • 【締め切りました】あの日から5年<br>「忘れない」「続ける」<br>被災地の皆さまに今一度思いを寄せるためのチャリティイベント