難民緊急支援 シリア難民を中心とするヨーロッパでの難民支援活動のため、緊急に資金を必要としています。


07.21
MdMイラク 現地レポート

イラク:現地からの証言

モスル解放が報道されるなか、イラクの人道危機は今なお続いています。

2014年からこれまでイラク、クルド、ヤズィーディー、アッシリア、アラブなどの人々が迫害を受け、爆撃や攻撃で住む家を追われ、避難民となりました。その多くが占領、処刑、斬首、レイプ、虐待、家族や親しい人の死など、人間として耐え難い経験をしてきました。メンタルケアのニーズは計り知れなく、人々が抱える傷は深く必要とされるものがここにはありません。

続きを読む
07.20

夏休みに親子で国際協力について考えてみませんか? こども向けWEBコンテンツのご紹介

小学校中学年以上のこどもを対象に、クイズなどを用いてわかりやすくアフリカ諸国とその困難な現状について学べる世界の医療団のWEBコンテンツ「世界を治すお医者さん ~アフリカ編~」をご紹介します。

続きを読む
07.14

辛ラーメン × ハウジングファースト東京プロジェクト

【企業パートナーのご紹介】辛ラーメンでおなじみの株式会社農心ジャパン様には、ハウジングファースト東京プロジェク […]

続きを読む
07.12

世界の医療団、100万人の女性の避妊アクセスを可能に!

すべての女性が将来を自分で選択する権利を有しています。子どもを産むその時を選択する権利を有しています。
現在も2億1400万人の女性は避妊を選択する自由がありません。トランプ大統領のグローバルギャグルールの復活政策は、その女性たちを更に苦しめることになるのです。
2017年7月11日、ロンドンにて「家族計画サミット2020」が開催されました。世界の医療団は、2020年までに100万人の女性の避妊アクセスを可能にする目標を掲げ、活動に取り組んでいます。

続きを読む
07.10

7月 イベント出展のお知らせ:夏休み2017 宿題★自由研究 大作戦

親子で一緒に体験して学ぶ、「夏休み・宿題自由研究大作戦」に世界の医療団が出展します。ブースでは、世界で何が起こっているのか、国際協力とは何か、お子様にもお分かりやすくご紹介します。ぜひ、夏休みのお出かけ予定に加えて下さい。

続きを読む
07.06

シリア危機:
シリアに医療を!人道法の遵守を!

シリア内戦を巡る協議が今月上旬各地にて開催されます。この機会に私たち世界の医療団(Medecins du Monde:MdM)は、拡大する人道危機、国内の医療ニーズの高まりと劇的に崩壊する医療システムについて、警告します。市民と人道支援団体スタッフの医療サービスはなくてはならないものであり、また医療施設と医療スタッフは保護されなければなりません。

続きを読む
07.04

イモトのWiFi × スマイル作戦

【企業パートナーのご紹介】イモトのWiFiでおなじみのエクスコムグローバル株式会社様には、世界の医療団の海外プ […]

続きを読む
07.03
ラオス小児医療強化プロジェクト1

ラオス小児医療強化プロジェクト現地レポート:ジェニファー・ヤン医師「スーパービジョンから見えてきたこと」

6月上旬、小児医療専門家によるスーパービジョン(高次の医療施設が管轄区内の病院やヘルスセンターを巡回し管理・指導を行なう活動)が実施されました。今回、小児医療専門家として、メルボルン大学小児科学部国際小児医療センターで臨床講師を勤め、小児医療分野、ラオスの小児医療においても深い知見を持つジェニファー・ヤン医師を派遣、医療システムの構築に欠かせない大切な活動から見えてきたことをヤン医師が述べています。

続きを読む
06.30

【エドワーズライフサイエンス社のボランティア活動:シルクスクリーンで手ぬぐい作り】

池袋周辺で、医療・福祉の支援が必要なホームレス状態の人々の精神と生活向上を目指す「ハウジングファースト東京プロジェクト(HFTP)」。集いの場「マカロニ」では、日中活動として毎日様々なプログラムが行われています。

続きを読む
06.30

スマイル作戦ミャンマー現地レポート2

手術を受けたばかりの生後6ヶ月の男の子、口唇裂がきれいに閉じられました。お母さんの喜ぶ姿が印象的でした。
ミッション中、チームは回診で術後の様子を確認します。口蓋裂の手術をした女の子を診る術者の森岡医師。女の子はカメラを向けると、口を開けて見せてくれます。

続きを読む
06.29

MdMフランスの医師 Jean Fayaが、フランス内務大臣Gérard Collomb氏に宛てた手紙

オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域で活動する世界の医療団のチームの代表として、一人の医師として、今ここで、大都市の片隅で暮らす人々の悲惨な状況を伝えたい、そして国の政策と方針について問いたいと思っています。

水があること、移動できること、洗濯ができる日常、それら自由や医療、人権が、政策によって保障されることがあってはなりません。保障とその恩恵を受けられるのが、政治家の決定如何によるものであっていいのでしょうか?

続きを読む
06.26
スマイル作戦ミャンマーINマンダレー、始まりました!

スマイル作戦ミャンマーINマンダレー、始まりました!

6月25日00時40分、世界の医療団日本のスマイル作戦チーム(医療ボランティア5名、スタッフ1名)は、ミャンマーに向けて羽田空港を出発、乗り継ぎ中継地のバンコクを経て約14時間後、ミャンマー第2の都市マンダレーに到着しました。マンダレーは雨季でも降水量が比較的少ない地であり、到着時も強い日差しが降り注いでいました。
遠路やって来た私たちチームが病院に到着すると、地元病院のスタッフ一同、狭い廊下で診察・手術を待つ患者とその家族たち、たくさんの人が出迎えてくれました。

続きを読む
06.23
福島そうそうプロジェクト:人のいる風景を創る

福島そうそうプロジェクト:人のいる風景を創る

福祉や支援の現場でよく聞かれるサロン活動という言葉、みなさんご存知ですか?ここでお話するのは、医師が医療行為を行うことのないこころのケアの支柱となる活動です。
2017年3月避難指示解除となった飯館村と浪江町の今、被災地でサロン活動が果たす役割について、世界の医療団の現地活動パートナーの相馬広域こころのケアセンターなごみの伏見さんにお話を伺いました。

続きを読む
06.23
6月&7月 イベント出展のお知らせ

6月&7月 イベント出展のお知らせ

世界の医療団は、トレッサ横浜(横浜市港北区)のご協力のもと、同施設内で行われます。
6/25(日)フランスマルシェ2017、7/1(土)ボルドー音楽祭の会場にて活動紹介のブースを出展いたします。イベントをお楽しみいただきながら、ぜひ世界の医療団ブースへもお立ち寄りください。皆様のお越しをお待ちしております。

続きを読む
06.20
世界難民の日によせて-World Refugee Day

世界難民の日によせて-World Refugee Day

世界の難民の数は6,530万人。全ての難民のうち54%をシリア(490万人)、アフガニスタン(270万人)、ソマリア(110万人)の3ヶ国からの出身者が占めている。

続きを読む
06.13
イエメン:国際社会の消極的姿勢は変わらず、人道危機は一層深刻化

ラオス小児医療強化プロジェクト -現地インタビュー

ソン郡世界の医療団コーディネーターのソムサックさんに、今回お話を伺いました。 ソムサックさんは、世界の医療団(Medecins Du Monde:MdM)が2016年4月に初めてソン郡を訪ねた際、リサーチのアレンジメントや情報交換ディスカッションに参加していただいたソン郡保健局職員です。

続きを読む
06.08
シリア系米国人医療協会、世界の医療団、シリア・ダルアーの医療施設の緊急保護と人道支援の介入を要請

シリア系米国人医療協会、世界の医療団、シリア・ダルアーの医療施設の緊急保護と人道支援の介入を要請

ここ数日、シリア・ダルアーでの空爆による攻撃が激化しています。現地からの報告によると、6月に入りわずか5日までの間に、空襲、タル爆弾、迫撃砲、ロケット砲、起爆薬などを原因とする火災が330件発生しています。これら攻撃はシリア政府とその連合軍によるもので、先月の165回にもおよぶ空爆がその攻撃の激しさを物語っています。

続きを読む
06.02
ニココロ熊本プロジェクト活動報告書 -活動を終えて

ニココロ熊本プロジェクト活動報告書 -活動を終えて

地震から1年後の今年4月、再び西原村を訪れ、子どもたちや保護者、地域の皆さんにお会いしてきました。 世界の医療団の半年間の活動の振り返りと村の今をお届けします。西原村、熊本地震の被災地の復興は始まったばかりです。

続きを読む
05.30
イエメン:国際社会の消極的姿勢は変わらず、人道危機は一層深刻化

イエメン:国際社会の消極的姿勢は変わらず、人道危機は一層深刻化

本日5月30日、国連安全保障理事会でイエメンの状況について話し合いの場がもたれます。喫緊の対応が迫られている人道危機、そしてこれまでの国際社会の沈黙に対し、世界の医療団は再び憤りの声を上げます。市民の保護と人道的介入を速やかに可能にする具体的対応を要請します。

続きを読む
05.25
ブルガリア・ハルマンリ難民キャンプの今:学校は?医療は?難民たちが、一番望んでいることは?

ブルガリア・ハルマンリ難民キャンプの今:学校は?医療は?難民たちが、一番望んでいることは?

3月初旬、世界の医療団UKの広報担当Shyamantha Asokanはブルガリア最大の難民キャンプ、ハルマンリを訪れました。

続きを読む
05.22
東日本大震災:川内村こころのケアプロジェクト現地医療活動レポート-小松原ゆかりさん(健康運動実践指導者)

東日本大震災:川内村こころのケアプロジェクト現地医療活動レポート-小松原ゆかりさん(健康運動実践指導者)

昨年、一部に出されていた避難指示が解除され、全村で避難区域が解消となった川内村。地域で差はあるものの村全体の住民帰還率は8割と高いが、高齢化や福祉・医療人材の不足などの問題はいまだ解消されていません。復興への道を辿るなか、対応に追われた行政職員の疲労疲弊が今、一層深刻化しています。

続きを読む
05.19
イエメン 内戦による栄養危機、さらに迫るコレラの脅威

イエメン 内戦による栄養危機、さらに迫るコレラの脅威

イエメン、ナイジェリア、南スーダン、ソマリア、ケニアは深刻な食糧不足に陥っています。世界の医療団は、人道的なアクセスを促進するため、国際社会の緊急の反応を求めると同時に医療支援活動を強化しています。

続きを読む
05.17
ソマリア:それでも飢饉に立ち向かう人々

ソマリア:それでも飢饉に立ち向かう人々

アフリカ東部を襲う干ばつは、現在も続いています。ソマリアの人々は今、あの26万人が犠牲になった2011年の飢饉に迫りうる壊滅的危機の瀬戸際に立たされています。 ソマリアの人口の半分にあたる620万人が飢えに苦しんでいます。160万人の子どもが栄養不良状態にあり、うち22万5千人の子どもが死に直面するほどの深刻な状況下にあります。また、4万人の子どもたちが水や食料、医療を求めて彷徨い、学校へ通うこともできなくなりました。

続きを読む
05.16
ナイジェリア 崩壊した医療体制、高まる医療ニーズ

ナイジェリア 崩壊した医療体制、高まる医療ニーズ

イエメン、ナイジェリア、南スーダン、ソマリア、ケニアは深刻な食糧不足に陥っています。世界の医療団は、人道的なアクセスを促進するため、国際社会の緊急の反応を求めると同時に医療支援活動を強化しています。 現在の危機は、繰り返される干ばつや紛争、その結果引き起こされた人口の移動、政情不安などによるものです。 「これは緊急事態です。4カ国で少なくとも2,000万人の人々が苦しんでおり、支援を受けるのも難しい状況にあります」と世界の医療団理事長のフランソワ・シビニョンは説明します。

続きを読む
05.11
スマイル作戦ミャンマー2016:ミッション報告~初の海外医療支援で感じたこと

スマイル作戦ミャンマー2016:ミッション報告~初の海外医療支援で感じたこと

形成外科手術を必要としながらも、その機会に恵まれない患者たちに手術を行うスマイル作戦。今回で9回目となるミャンマーでのスマイル作戦が、2016年11月13日から11月19日にかけて同国首都ネピドーで実施されました。今回、スマイル作戦にはじめて参加した森かおり医師(麻酔科)によるレポートです。

続きを読む
05.10
26万人の命を奪った2011年の飢饉と酷似しているとの懸念高まるソマリア

26万人の命を奪った2011年の飢饉と酷似しているとの懸念高まるソマリア

イエメン、ナイジェリア、南スーダン、ソマリア、ケニアは深刻な食糧不足に陥っています。世界の医療団は、人道的なアクセスを促進するため、国際社会の緊急の反応を求めると同時に医療支援活動を強化しています。

続きを読む
05.09
ハウジングファースト東京プロジェクト:野宿を解消せずして、健康にはなれない -西岡誠医師

ハウジングファースト東京プロジェクト:野宿を解消せずして、健康にはなれない -西岡誠医師

月2回の医療相談会には、平均40~50人の相談者が訪れます。定期的に来られる方も多く、年間の相談件数は1,000件を超えています。医療相談会を通して見えてきたことについて、ゆうりんクリニック院長で内科医の西岡誠医師にお話を伺いました。

続きを読む
04.28
7つの人道支援団体、イエメンの生命線ともいえるフダイダ港への攻撃に強い懸念

7つの人道支援団体、イエメンの生命線ともいえるフダイダ港への攻撃に強い懸念

2年におよぶ内戦により人々は飢え、飢饉が続くイエメン。物資搬送の拠点となる港を攻撃することは、何百人もの人命を更に危険に追いやることになります。 軍事的な策での解決はありません。米国をはじめサウジ連合軍を支援する諸国が武力に頼らず、政治的手腕を用いて紛争解決に導いていくこと、そして至急の人道支援アクセスの確保を強く要請します。

続きを読む
04.27
ブルガリア:難民キャンプで診療するある医師の証言

ブルガリア:難民キャンプで診療するある医師の証言

ブルガリアのハルマンリにあるブルガリア最大規模の難民キャンプ。 約2,500人の難民がこのキャンプに滞在しており、その多くはシリア、イラク、アフガニスタンからの避難民です。世界の医療団(MdM)は同キャンプで医療支援を行う唯一の団体であり、日々多くの難民がクリニックを訪れます。

続きを読む
04.24
芸術を通して自らの声を世の中に伝えたいーギリシャ・難民たちのアート展

芸術を通して自らの声を世の中に伝えたいーギリシャ・難民たちのアート展

ギリシャ北部の難民は、非常に困難な生活条件に身を置いています。その中にあって世界の医療団は、情熱、選択、ときには絶望から、あるいはその苦境が理由で何ヶ月にもわたり何もできずにいる空白の期間を埋めるために、言葉、色、線、音、そして何よりも自分の想像力に訴えて、日々立ちはだかる逆境に立ち向かう数多くの子供、女性、男性、若者に出会いました。

続きを読む
04.18
古本で寄付するチャリボン 春のキャンペーン(4/30まで)

古本で寄付するチャリボン 春のキャンペーン(4/30まで)

ご家庭や職場で読み終わった書籍、DVDなどをお送りいただくことにより、その買取金額が世界の医療団に寄付される「チャリボン」。買取価格が10%アップするキャンペーンは4月30日までです。この機会にぜひご活用ください。

続きを読む
04.14
熊本地震から1年

熊本地震から1年

住宅など建物への被害は20万件を超え、今も多くの方が仮設住宅などでの暮らしを余儀なくされています。 そして被災地の1日も早い復興をこころよりお祈り申し上げます。

続きを読む
04.13
アフリカ・中東 栄養危機:ソマリア 700万人が危機に直面―世界の医療団は活動規模を2倍に

アフリカ・中東 栄養危機:ソマリア 700万人が危機に直面―世界の医療団は活動規模を2倍に

アフリカの数カ国(イエメン、ナイジェリア、南スーダン、ソマリア)は現在、深刻な栄養危機に直面しています。そのうち、ソマリアでは活動規模を拡大し、深刻な栄養失調の人々のための新しいモバイルチームを派遣し、栄養状態の検査や緊急輸送を強化しています。

続きを読む
04.12
フランス北部グランド・シント難民キャンプでの大規模火災:警告は聞き入られることなく、最悪の事態に

フランス北部グランド・シント難民キャンプでの大規模火災:警告は聞き入られることなく、最悪の事態に

火災は鎮火しました。世界の医療団はフランス当局に速やかな人道的配慮を要請しました。現在、同キャンプで活動するチームが医療支援活動にあたっています。現時点で800人から1000人が行方不明となっています。

続きを読む
04.12
【契約職員募集】国内外事業担当者

【契約職員募集】国内外事業担当者

世界の医療団日本では、東京事務局が実施する各プロジェクトの後方支援、および補佐業務を行う「国内外事業担当者」を募集いたします。

続きを読む
04.07
シリア: 人類に対する犯罪を私たちは強く非難します

シリア: 人類に対する犯罪を私たちは強く非難します

シリアのイドリブ県ハンシャイフンの町が化学兵器による攻撃の標的とされました。世界の医療団は、この人類に対する犯罪と人道法侵害に強く非難の意を表します。

続きを読む
04.05
4月 イベント出展のお知らせ

4月 イベント出展のお知らせ

世界の医療団は、4月に開催されます「CPhI Japan 2017」、「アースデイ東京」に出展いたします。当日は、スタッフによる活動紹介等をいたしますので、ぜひ足をお運びください。

続きを読む
03.30
アフリカ・中東:深刻な栄養危機に対する世界の医療団ネットワークの活動

アフリカ・中東:深刻な栄養危機に対する世界の医療団ネットワークの活動

アフリカや中東の数カ国(ナイジェリア、南スーダン、ソマリア、イエメン)は現在、深刻な栄養危機に直面しています。世界の医療団は人道的な介入を促進させるため、活動の強化と国際社会への呼びかけを行っています。

続きを読む
03.27
ハウジングファースト東京プロジェクト・ボランティア:森 弥恵さん「利益や時間を抜きにした純粋な人とのふれあい、医療の真髄をみた気がしました」

ハウジングファースト東京プロジェクト・ボランティア:森 弥恵さん「利益や時間を抜きにした純粋な人とのふれあい、医療の真髄をみた気がしました」

非医療者でありながら、ボランティアとして参加するようになって3年半。今では医療相談会の運営そのものや調整などの業務を担う欠かせない存在に。
医療ボランティアの後ろにはいつも森さんがいます。

続きを読む