活動内容

スマイル作戦

インフラの立ち遅れ、技術の未発展、医師や看護師の不足、高額な治療費など様々な理由から、多くの発展途上国では、形成外科の疾患を負った患者たちが手術を受けることができずにいます。形成外科が扱う疾患の多くは直接、命の危険に関わることがないため、発展途上国ではどうしても後回しにされてしまうからです。

スマイル作戦の現場では、「村でいじめられ、家からほとんど外に出ません」、「火傷の後遺症で腕が体に張り付いたまま固まってしまい、不自由で授業についていけず、学校は諦めさせました」、こんな声をたくさん聞きます。機能、外見に障害を持つ彼らは、往々にしていじめや差別の対象になるなど、恵まれない生活を余儀なくされているのです。

スマイル作戦は、口唇裂、口蓋裂、多指症などいった先天性の奇形、事故、暴力の犠牲などの後天的な機能および外見上の障害に対し、無償で形成外科手術を行います。

でも、スマイル作戦は、ただ外見を修復するだけのプロジェクトではありません。手術を通し、人としての誇りと尊厳を取り戻してもらい、より豊かな社会生活を送ってもらうことを目的としています。

「笑顔を取り戻し、目に輝きが生まれました。今は毎日元気にたくさんのお友達と外を走り回っています」、「やっと学校に行ける!将来はお医者さんになりたいの」

スマイル作戦の現場ではこんな声もたくさん聞くことができます。

はじまり、そして今

1989年、激しい内戦を終えたカンボジアで医療支援活動を行っていた世界の医療団の医療ボランティアたちは、対人地雷で傷ついた人々や先天性奇形を負った人々が手術を受けられず放置されていることを確認しました。当時、カンボジアには形成外科の専門的な知識や技術を持つ医師がほぼ皆無といってよい状態だったのです。 そこで、首都プノンペンから陸路で8時間以上(当時)離れた北部の街バッタンバンにある州立病院で、「治療」と「育成」を目的とした形成外科プロジェクトを立ち上げました。「スマイル作戦」が産声を上げた瞬間です。

形成外科が必要とされている国はカンボジアだけではありませんでした。開始から20年以上を経過し、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、モンゴル、ベトナム、ネパール、エチオピア、ニジェール、ルワンダ、マダガスカルなどの多くの国々で8,000人以上に手術を行ってきました。

日本人の活躍

日本からは、1996年以降、毎年多くの医療ボランティア、非医療ボランティアが活動に参加しています。日本の高い技術は、手術を受けた患者、家族はもとより、現地スタッフからも称賛を浴びています。現地の新聞やテレビに取り上げられたことも1度や2度ではありません。手術台の周りにはいつも多くの見学者が集まり、手術室は熱気に包まれています。若い医学生に「形成外科では何ができるのか?」ということから、経験を積んだ外科医には最新の技術を惜しみなく注ぎ込んでいきます。いつの日か、彼らが自立して手術をできるようになるために。